動画配信サービス

映画好きのための新しい動画配信サービス WATCHA(ウォッチャ)の予想評価と特徴検索が楽しい!

WATCHA(ウォッチャ)は2020年9月に日本でスタートしたばかり!

まだあまり認知度はないんですが、今までありそうでなかった新しい動画配信サービスなんです。

WATCHAホーム画面

出典:WATCHA

WATCHAは、こんな方へおすすめ

  • 名作からマイナー作品まで、とにかく映画好き
  • 今使っている動画配信サービスが少しマンネリ気味
  • いつも何を見ていいか迷う(一人一人のお好みをAIがおすすめ)

月額869円(税込)だけで全て見放題になるサービスですが、

無料体験があるので、ぜひ気になる方はためしてみてくださいね!

\1か月無料おためしできるよ/
WATCHA 公式ページを見る

では、さっそくWATCHA(ウォッチャ)の特徴やメリット、デメリットを見ていきましょう!

パンダ夫人
パンダ夫人
映画好きなら気になるよね

WATCHAってどんなサービス?

一言でいうと、「映画好きによる、映画好きのための、映画好きの動画配信サービス

友だち
友だち
って、どういうこと?

パンダ夫人
パンダ夫人
映画に特化したサービスで、映画好きが評価したデータを基に作品が選ばれ、おすすめもしてくれるんだって

メリット1:自分好みの作品をAIがおすすめしてくれる

映画って人によって「すごくよかった~!」って人と、「う~ん、あんまり…」って人と、けっこう分かれますよね。

みんなおもしろいって言ってるけど、自分はおもしろくなかった…なんて経験は誰にでもあるはず。

WATCHA(ウォッチャ)は自分が今まで見た映画を評価すると、まだ見てない映画に自分がどれだけの評価をつけるか、AIが予測してくれるんです。

人によってこの予想評価は違うことはもちろん、自分が評価をすればするほど精度が高まっていきます。(みんなの平均評価も確認できます)

WATCHA(ウォッチャ)が自分が高評価をつけそうな作品をおすすめしてくれるので、自分の知らなかった映画でも満足できる可能性大!

これも約620万人が使っている映画レビューアプリ「WATCHA PEDIA(ウォッチャペディア)」と連携しているからなんです。

なんとそのデータは5.4億件以上!!!(毎月100万件増え続けてるんだそう)

WATCHA機能説明

出典:WATCHA

このアプリこそ「これまで鑑賞した作品の評価・レビューを記録したり、ユーザーの評価情報を分析し、⼀⼈ひとりの好みにあった作品をおすすめするサービス」

パンダ夫人
パンダ夫人
見た映画の記録用に使ってる人も多いよ

WATCHA(ウォッチャ)にもこの評価データやAIのアルゴリズムが搭載されていて、WATCHA PEDIA(ウォッチャペディア)にある他ユーザーのレビューもチェックできるんです。

私も今まで見た映画を評価して、AIが予測してくれる予想評価を見てみたんですが、あってるのもあれば、あれ?ってのもありました。

映画の好みのキーワードや好みの俳優、監督などはすごくあってたので、これは評価すればするほど頼もしい存在になりそう。

↓一部ですが私の好みです…

WATCHA PEDIA好み分析
パンダ夫人
パンダ夫人
とりあえず50本評価して、映画の好みのキーワードがけっこう的を得ていてビックリ

見たけどまだ評価してない映画なんかが出てくると、AIが何点つけてるかな~なんて、別の意味でもちょっと見るのがおもしろいです。

もしAIの予測が違かったりすると、つい修正したくなっちゃうので、知らないうちにたくさん評価しちゃうんですよね。

パンダ夫人
パンダ夫人
評価すればするほど、自分好みになってくよね

メリット2:他では見られない作品、韓国映画が超充実!

実はWATCHA(ウォッチャ)は韓国発のサービスで、すでに韓国では1,000万ダウンロードを突破。

パンダ夫人
パンダ夫人
だから韓国映画が充実してるんだね!

韓国在住で、けっこう映画に詳しい方だと思っている私が見ても、このWATCHAの韓国映画特集は知らなかった映画ばかり。

それなのに有名俳優、監督作品だったりするので、よく見つけてきたなあ…と感心してしまいました。

パンダ夫人
パンダ夫人
きっと韓ドラ・映画好きなら見慣れた顔が多いはず

<第一弾>

<第二弾>

他にも『ラ・ラ・ランド』や『ジョゼと虎と魚たち』のような洋画、邦画、様々な国の映画や名作、人気作、各種受賞作品ももちろんあります。

受賞歴のある作品_WATCHA

出典:WATCHA

でも、やっぱり一番の魅力は他サービスでは見られない作品

ミニシアター系の映画が好きな人にはたまらないはず!

パンダ夫人
パンダ夫人
韓国人気俳優たちが監督するオリジナル映画も独占配信するんだって!

メリット3:映画の特徴から検索できるのがおもしろい

個人的に楽しいのが、この検索機能。

WATCHAの画面説明

出典:WATCHA

だいたいどのサービスでもジャンル検索できますが、WATCHA(ウォッチャ)は国名、特徴でも検索できます。

特にこの特徴(キーワード)がおもしろく、”人生、ムーディー、料理、実話ベース、演技力、サバイバル、熾烈…”といろんな特徴で映画をピックアップ。

どんな映画があるかいろいろ見ちゃいます。

↓これは料理の映画を検索したもの。

WATCHA料理映画検索画面

出典:WATCHA

そして意外と国名で検索できるのがありがたく、フランス映画、ドイツ映画とかはっきり区分できるのがいいです。

↓これはジャンルは問わず、フランス映画で、映像美の映画を検索したもの。

WATCHAフランス映像美検索画面

出典:WATCHA

もちろんスマホでも検索できます。

WATCHA機能説明

出典:WATCHA

この特徴で検索するのは他のサービスにはないので、また新しい切り口で映画を発見できるし、単純に見ていて楽しいです!

パンダ夫人
パンダ夫人
猫好きな人は”猫”の映画をチェックしちゃうよね

\1か月無料おためしできるよ/
WATCHA 公式ページを見る

デメリット1:映画以外のジャンルは期待できない

映画に特化したサービスだけに、当たり前ですが他のジャンルを見たい人には物足りないです。

映画しか見ないっていう人にはちょうどいいですが、総合的なサービスと併用するのが一番満足できるかもしれません。

デメリット2:登録しないと作品名検索ができない

残念ながらWATCHA(ウォッチャ)は登録しない限り、どの作品が扱われているかタイトル名で検索できないんです。

登録する前に、この作品見れるかな?と確認したいこともあると思うので、できれば改善してほしいですね。

パンダ夫人
パンダ夫人
これが見たい!ってタイトル検索するより、AIがおすすめしてくれる映画を見る方が多くなるからなのかな…

WATCHAの料金プラン

WATCHA(ウォッチャ)には2つの料金プランがあります。

どちらのプランも全て見放題なので、別料金がかかることはありません。

プラン ベーシック プレミアム
月額料金 869円(税込) 1,320円(税込)
同時視聴数 1台 4台
プロフィール数 1つ 4つ
最高画質 フルHD フルHD
ダウンロード本数 5本まで 100本まで

一番の違いは1人で使うか、家族など複数で使うかですね。

プロフィールは子アカウントのようなもので、それぞれ個別のページになります。

あとはダウンロード数ですが、都度削除していればあまり関係ないかもしれません。

対応機器

スマートフォン・タブレット(iOS/Android) 、Android TV(BRAVIA・AQUOS)、 Chromecast(クロームキャスト、第2·3世代・Ultra)、Amazon Fire TV Stick、PlayStation®5

私の勝手な推測ですが、映画好き、それもミニシアター系などのマイナー作品も好きな方は1人でじっくり見る人が多いんじゃないでしょうか。

正直、誰にでもおすすめできるサービスではないんですが、無類の映画好きな方は無料体験があるので、ぜひためしてみてくださいね!

パンダ夫人
パンダ夫人
無料期間中に解約すれば、料金は発生しないから安心してためしてね~

\1か月無料おためしできるよ/
WATCHA 公式ページを見る

アプリをダウンロードしてApp Store経由(iPhone、iPad)で支払う場合のみ、ベーシック月額880円、プレミアム月額1,350円

⇒先に上の公式ページ(WEBブラウザ)で登録すれば通常と同じ料金

最後に:超マイナー映画はここにしかないかも

人気映画や、話題作はどこのサービスでもだいたいありますよね。

でもWATCHA(ウォッチャ)は他サービスにないマイナーな映画作品が多いので、総合的な他サービスと組み合わせると映画好きには最高かも!

WATCHAは、こんな方へおすすめ

  • 名作からマイナー作品まで、とにかく映画好き
  • 今使っている動画配信サービスが少しマンネリ気味
  • いつも何を見ていいか迷う(一人一人のお好みをAIがおすすめ)

他とはちょっと違った尖ったサービスですが、気になった方はぜひためしてみてくださいね!

\1か月無料おためしできるよ/
WATCHA 公式ページを見る

こちらもおすすめ!
error: Content is protected !!