韓国エンタメ

BTS「MTV Unplugged」絶対聞いて!美しい歌声にとろけてしまうColdplayのカバー曲”Fix You”

BTSがまた魅せてくれました!

「MTV Unplugged」といえば、一流アーティストだけが招待されるアコースティックのライブ番組

昔よくエリック・クラプトンやマライア・キャリーのUnpluggedのCDを聞いたものですが、今はYouTubeですぐ見られるなんて、本当にいい時代です。

この番組にBTSが出演したこと自体もニュースですが、そのパフォーマンスがすばらしく、動画がアップされると共にYouTubeの視聴回数はうなぎ登りでSNSも称賛の嵐。

 BTS BE PHOTO

出典:BTS公式ページ

特にサプライズで披露してくれた、Coldplayのカバー曲”Fix You”で世界中のファンたち、いやファンでなくても心をギュッとつかんでメロメロにしてしまいました。

では、さっそくとろけてください!

パンダ夫人
パンダ夫人
全5曲だよ~

Fix You (Coldplay Cover)

もう第一声、ジョンググの声で終わりました…

なんていい音色!!!

V、ジン、ジミンの声に加え、普段はラップを担当しているJ-HOPEやSUGA、RMもしっかりハモリ、みんながぞれぞれ美しい!

伸びやかで温かく透明な声色。しかも英語うまい!

美しすぎて幸せすぎて、なんだか涙が出てくる…

そしてColdplay本人がTwitterとYouTubeに直コメントしてくれてます。

韓国語で”美しい”と。

パンダ夫人
パンダ夫人
韓国語でコメントくれるのもジーンとくるね

このカバー曲のリアクション動画もすでに英語圏でたくさん出ていて、プロのボーカルトレーナーや歌手、ミュージシャン、プロデューサーまでもリアクションしています。

それぞれの立場によって視点が違うのがおもしろいですが、共通しているのは、やっぱり称賛。

ジミン特有の声、ジンの高音、Vの低音のトーン、二人ずつのいろんなハーモニーで反応する人が多く、

わかりやすい単語を拾うと、ビューティフル、ゴージャス、ハーモナイズ、ファンタスティック、パーフェクト、スウィートハーモニーなどなど、好反応。

ある人が言っていた、BTS7人にぞれぞれのポジションがしっかりあって、音程が近くてもトーンの質が違く、それぞれの声がいくつもの層になってこの作品を作り上げているという意見に同感。

パンダ夫人
パンダ夫人
7人のハーモニーがホントにいいよね

Telepathy

「MTV Unplugged Presents: BTS」のオープニングは『BE』の収録曲”Telepathy”(韓国語では”잠시”)で始まりました。

初めてのライブ披露で、ジンは音が高くてみんな大変だったんじゃないかなんて言ってましたが、

SUGAは制作秘話としてコロナで会えずに잠시(ちょっと/しばし)離れている状況をARMY(ファン)を思って書いた曲だとのこと。

そこへジミンが、音楽PDの僕がこの曲がいいって言ったから収録されたんだなんて言ってましたよ。

パンダ夫人
パンダ夫人
ドナルドダックがかわいい衣装はGUCCIだって

Blue&Grey

『BE』の収録曲されているVの自作曲で、こちらもライブ披露は初めて

アコースティックギターサウンドが魅力的なバラード曲。

憂鬱さと不安をBlue、ARMY(ファン)に会えない想いをGreyで表現し、メロディーが単純な分、感情をより伝えるために歌詞にとても気を遣ったんだそう。

パンダ夫人
パンダ夫人
この曲もハーモニーがきれいだよね

Life Goes On

生バンドをバックに、歌だけで充分に魅せてくれます。

この曲の制作はRM、SUGA、J-HOPEが参加し、ジョングクがMVを監修。

ボーカルラインの4人が奏でるハーモニー、とくに高音のハモリがよく、J-HOPEもボーカル参加、SUGAの「Mm-mm,mm-mm」っていうところ、力が抜けたラップがいいですよね。

そしてRMのラスト”Life goes on”も。

パンダ夫人
パンダ夫人
昨年ビルボードの”TOP100″で韓国語なのに1位になったよね

Dynamite

コロナ禍に世界中の人々を幸せにした大ヒット曲”Dynamite”

得意なダンスがなくても、歌だけでこれだけノリノリで楽しくなれちゃう。

生バンドにライブ、本当に歌がうまい~!!

歌だけでも超一流、7人が一体となったグルーブ感がすごいです。

見てるこっちも体が動いちゃいますね。

パンダ夫人
パンダ夫人
聞くだけで気分よくなるよね~

最後に:世界を変えているBTS

BTSのUnpluggedどうでしたか?

もう私はすでに何度も、特に”Fix You”をリピートしています。

こうしてBTSが世界に名を広げていく一方で、残念ながらアジア人、韓国人であることで心ないコメントをして、今まで謝罪した海外の司会者が何人かいますが、

今回披露されたColdplayのカバー曲に対してもドイツのラジオ番組の司会者が謝罪をしています。

それを受けてか、MTV UKのYouTubeチャンネルでは公式コメントとしてこのように書かれています。

私たちは人種差別、憎悪、暴力、およびアジア系アメリカ人と太平洋諸島系のコミュニティに対する攻撃の増加に反対します。 #StopAAPIHate #StopAsianHate

韓国人であるBTSが世界で実力を認められ、愛されることにより、少なくともそうした垣根が低くなり、応援してくれる人が増えているのは間違いないでしょう。

これからも、その前線に立って道を切り開いてくれているBTSを応援していきたいですね!

パンダ夫人
パンダ夫人
ファイティーン!

BTSの映画・ライブ動画を見るには?

『Bring The Soul』スチールカット

出典:NAVER 영화:브링 더 소울

今まで配信されていなかったBTSの最新映画やライブ映像、バラエティー番組まで全19タイトルが見られるようになりました!

>>BTSの映画・ライブ動画をチェックする

こちらもおすすめ!
error: Content is protected !!