韓国映画

韓国映画『ジョゼ』感想:原作とは違う、より暗く深い大人のジョゼ…居眠り注意

妻夫木聡と池脇千鶴主演の『ジョゼと虎と魚たち(2003)』、この映画を韓国でリメイクすると聞いた時はビックリしましたね。

果たしてあの大阪のシュールな空気感、変態のおっさんとか登場しながらも、恋愛映画としてインパクト大だったあの作品を、どうやってリメイクするんだろうと。

『ジョゼ』poster

出典:NAVER영화:조제

あまりの期待に韓国公開と同時に劇場に行く気マンマンでしたが、コロナで自粛、遅れてVODで鑑賞しました~。

それでは、韓国版の『ジョゼ』を見た正直な感想と見どころを、ネタバレなしでお伝えします!

日本公開予定:未定

パンダ夫人
パンダ夫人
どんな内容か楽しみに待ってたよ~


『ジョゼ』のあらすじと作品情報

『ジョゼ』poster

出典:NAVER영화:조제

公開 / 時間 / 年齢制限 2020 / 117分 / R15
原題 조제(ジョゼ)
監督 キム・ジョングァン
出演 ハン・ジミン、ナム・ジュヒョク
あらすじ

祖母と二人きりで住む家で、本を読んで想像しながら自分だけの世界を生きているジョゼ(ハン・ジミン)。

偶然出会った彼女に特別な感情を感じ始めたヨンソク(ナム・ジュヒョク)はゆっくりと、そして自然に近づいていく。

でも、ジョゼにとっては初めて経験するこの感情にとまどい、自分の人生や愛について考えるようになっていく…

パンダ夫人
パンダ夫人
じゃあ、さっそく感想だよ!


『ジョゼ』を見た正直な感想

ストーリーはほぼ原作どおりなのに、雰囲気が全く違い、穏やかに深く、内へ内へ入り込んでいく感じ。

これは監督の「原作とは全く異なるものを作りたい」という意図どおりで、これだけ有名な作品をリメイクするなら、別解釈したものの方が比較するおもしろさがありますね。

でも、原作に比べ登場人物もセリフも少なめ、その分、まなざしや日常を美しく切り取った映像を心象風景のように見せてくれるんですが…、途中何度も寝かけました汗。

つぶやくような語り、日が差し込む薄暗い部屋、ピアノの旋律…こりゃ寝ちゃうよ!

ずっとそんな静かで穏やかなテンポなので、もっと起伏があったらいいのに…というのが本音。

とはいえ、ラストの展開は原作とは違い、観客にゆだねる見せ方で、美しい映像を背景に二人の感情がより深く繊細に感じられて、とてもいい余韻でした。

この映画の製作発表会の時に、ナム・ジュヒョクが突然涙して一時中断したニュースが気になっていたんですが、このラストの感情を思い出したんだろうなと納得。

『ジョゼ』ナム・ジュヒョク

出典:NAVER영화:조제

原作の快活でちょっと軽い感じの大学生とは違い、ナム・ジュヒョク演じるヨンソクはとてもピュアで繊細。

この映画のキャスティングが、まずナム・ジュヒョクから決まったというのもうなずける感受性でした。

ナム・ジュヒョクの後に、ドラマ『まぶしくて―私たちの輝く時間―』でも共演したハン・ジミンがキャスティングされたことで、ジョゼの年齢設定も30代になったとのこと。

原作とは違う大人のジョゼなだけに抱えてきた傷も深く、より内的。

おもしろい映画を見たいなら原作の方がいいですが、

なんとなく一人でいたい時、自己否定している自分に気づいた時、一人静かにこのジョゼの世界にひたってみるのもよさそうです。

韓国での評価

観客数:20万人(コロナ禍のためすぐにVOD化)

評価(10点満点):観客 8.19点、記者・評論家 5.71点、ネチズン 6.48点

コロナ禍でも劇場に足を運んだ人以外はかなり辛口。

評価、口コミ出典:NAVER영화:조제

好評
  • 映像美がとびぬけていて、二人の俳優のケミ(相性)がとてもいい
  • 演技の没入度がすごく、ジョゼの呼吸、セリフ、表情一つ一つを映画が終わるまで目が離せなかった
  • 原作があるので少し心配したけど、ハン・ジミンとナム・ジュヒョクが描いたジョゼを見る楽しさがあって、久々に没頭した
  • 泣けた…穏やかなのに…大きな何かが感じられて
  • ナム・ジュヒョクとハン・ジミンのジョゼとヨンソクの感受性に沿っていけば、飽きることなく映画を見られる
不評
  • 2時間ずっと穏やかだけなのが問題だ
  • 原作より優れた映画を探すのは難しい。何を表現しようとしたのか、どんなことを表現したいのかはっきりわからない映画だった
  • とても退屈。展開も理解できないし、失望が大きい映画
  • これを見るくらいなら原作をもう一度見た方がいい
  • 全体的に原作より単調でおもしろくない
パンダ夫人
パンダ夫人
原作見てる人が多いね

鑑賞ポイント

『ジョゼ』で楽しめる鑑賞ポイントをお伝えします。ネタバレはありません

30代のジョゼ

ハン・ジミンがキャスティングされて30代になったジョゼ。

『ジョゼ』ハン・ジミン

出典:NAVER영화:조제

原作は大阪弁で憎まれ口を叩きつつ、快活でよくしゃべってたんですが、ハン・ジミンのジョゼは口数が少なく、心を固く閉ざしたまま。笑うこともほとんどありません。

閉じこもっていた期間が長い分、自分の世界から出るのが怖く、傷も深い

30代にして初めて恋愛を経験する―その視点で見ても、年を取るほど臆病になるのかもしれません。

もともと肌がとてもきれいなハン・ジミンですが、メイクで荒れた肌を作り、家にこもっているジョゼの感情をどう見せてくれるかが大きな見どころです。

原作との比較

原作と大枠は同じなので、韓国版ではどうアレンジされているか比べるのもおもしろいです。

ジョゼの年齢によってまた別の趣味があったり、過去も加わり、

ジョゼが作ってくれる庶民的なご飯は韓国では何なのか、

二人で行った旅行、”虎”や”魚”はどう登場するのか、そしてラストはどうなるのか。

雰囲気自体が全然違うので、これで同じストーリーになっているのが不思議なくらい。

原作のような露出は全くありませんが、意外な形で変態のおっさんがチラッと出てきて「おっ」と思いますよ。

季節や日常をとどめる映像美

『ジョゼ』ハン・ジミン

出典:NAVER영화:조제

まるでジョゼの世界を表すかのようなジョゼの家。

積まれた本、古い家具、すり切れた床、ガラクタばかりのような空間でもなぜか美しいんです。

窓から見える景色、季節、まるでそれらが心象風景のように感覚的で、物語ってくるよう。

とくに終盤は心に残る印象的なシーンが多く、映画館で見たらもっとインパクトある美しさに魅了されるにちがいありません。


最後に:もうひとつの大人の『ジョゼ』

実は『ジョゼ』を見てから、また原作が見たくなり『ジョゼと虎と魚たち』を見たんですが、やっぱりおもしろいですね。

韓国でも原作を見ている人たちが多く、リメイク版も原作ファンが見ているがゆえに辛口評価されていますが、これはこれでもうひとつの『ジョゼ』として楽しめると思います。

ぜひご自分の目で確かめてみてくださいね!

【韓国映画おすすめ】泣ける恋愛映画の歴代名作ランキング
【韓国映画おすすめ】120%泣ける恋愛映画の歴代名作ランキング10選!(2021年版)泣ける恋愛映画が見たい!そんなあなたにおすすめの”泣ける”歴代の韓国映画を、私も実際に鑑賞して泣いた中から、韓国での評価が高い順にランキング形式で紹介していきます~!!...
どの動画配信がいい?

【動画配信サービス】満足度が高いのは?調査による満足度ランキング 2020

最も利用されている動画配信サービス、満足度のランキングがわかります。
迷っている方はぜひチェックを!

>>調査による満足度ランキングを見る


こちらもおすすめ!
error: Content is protected !!