韓国ドラマ『ペントハウス』感想:壮絶な悪役の饗宴、復讐劇を見届けるまではやめられない

『ペントハウス』poster
出典:펜트하우스:드라마 정보

2020年末、韓国でかなり熱いブームになっていた『ペントハウス』は、きらびやかでありながら、ワーワーギャーギャー、ドロドロの欲望むき出しのサスペンス復讐劇

過激すぎるシーンも多々あり、苦情が殺到、法的処分も受けながらも、結果的にはかなりの高視聴率。

はっきり言って悪い大人たちの話なので、心清く、穏やかに過ごしたい人は見ない方がいいです。

私も最初はややひきつつ見てたんですが、激しいシーンの合間にもほろっと涙してしまうシーンがあったり、なんといっても俳優たちの演技がすごいんです!

実際、2020年のSBS演技大賞では、このドラマだけで9冠を受賞。

2020 SBS演技大賞

『ペントハウス』出演者

  • 最優秀演技賞 女性:キム・ソヨン、イ・ジア、ユジン
  • 最優秀演技賞 男性:オム・ギジュン
  • 優秀演技賞 女性:シン・ウンギョン
  • 優秀演技賞 男性:ポン・テギュ、ユン・ジョンフン
  • 助演賞:パク・ウンソク
  • 青少年演技賞:キム・ヒョンス

ではさっそく『ペントハウス』のネタバレなし感想、見どころをお伝えします!

かなり刺激的なドラマなので、耐えられる人だけ見てくださいね。

パンダ夫人

瞬間最高視聴率は31.1%だって

この記事を書いた人

韓国在住10年。ほぼ毎日韓国ドラマ、映画三昧です。特に作品性が高く、メタファーや伏線、隠れネタがあるものが大好物。映画・ドラマのエキストラ経験あり。ドラマは完結してから一気見するタイプ。

プロフィール

パンダ夫人
目次

『ペントハウス』あらすじと作品情報

『ペントハウス』poster
出典:펜트하우스:포스터
放送局 / 放送日SBS / 2020.10.26 ~ 2021.01.05
最高視聴率28.8%
話数 / 年齢制限21話 / 16+
原題펜트하우스(ペントハウス)
脚本キム・スノク
監督チュ・ドンミン
キャストイ・ジア、キム・ソヨン、ユジン、オム・ギジュン、シン・ウンギョン、ポン・テギュ、ユン・ジョンフン、パク・ウンソク
簡単なあらすじソウルの100階建ての超高級タワーマンション“ヘラパレス”。華やかなパーティーが開催された夜、最上階に住むスリョン(イ・ジア)は転落事故を目撃する…。

その2ヶ月前、不動産の仕事をしているユニ(ユジン)は、娘が声楽の道に進もうとするのを猛反対していた。

実はユニも高校の頃に同じ夢を持っており、同級生は今ソプラノ歌手として成功しているソジン(キム・ソヨン)、ヘラパレスの85階の住人であり、最上階のスリョンの夫(オム・ギジュン)と不倫関係にあった…

欲望と過去の因縁がヘラパレスを舞台に渦巻いていく―

「ペントハウス」はこの100階建て高級タワーマンション”ヘラパレス”の最上階のこと

この”ヘラパレス”内でも、財力、権力がなければ上層階に住むことができません。

パンダ夫人

階数で上下がわかりやすい…

『ペントハウス』感想:ネタバレなし

もう1話から豪華絢爛な上流社会と衝撃的な事件、緊張感ある展開、インパクトある映像を見せつけられます。

最初はなんとなく『SKYキャッスル』に似てる感じがするんですが、ちょっと変わっているのが”声楽”が中心になっていること。

共通するところはあるとしても、見ているうちにそんな考えは吹っ飛んじゃいます。

最初から泣くわ叫ぶわ暴れるわ、耳が痛くなるほどの騒がしさで、見てるこっちまで体力が必要

正直、ギャーギャーうるさいドラマは好きじゃないんですが、怖いもの見たさでチラ見したら止まらなくなってしまいました…。

なにしろ悪役たちがすごくて、一人じゃなくて何人も悪い奴が出てくる。

大人も大人だけど、その子供たちも病んでて、集団でいじめとか、いい子は見ちゃいけないドラマです…。

特に大人の汚い欲望がうずまいてて、炎が燃えたぎっているような狂気のドラマ

これだけ悪役が成り上がっているので、その復讐劇を見届けるまでは気が済まず、やめられなくなってしまうのです。

またしてもこのドラマで連日夜更かししました…

パンダ夫人

次は見どころだよ~

見どころ解説

狂気の演技力

悪い奴が何人もいる中で、圧倒的に目を奪われるのがキム・ソヨン演じるチョン・ソジン。

『ペントハウス』キム・ソヨン
出典:펜트하우스:비하인드 포토

もうその演技といったら、すごすぎる…

演技派の俳優たちはたくさんいますが、悪役でこんなに心をつかまれる人はそうそういません。

まるで般若のように目をむき出しにして怒りを爆発させたり、そのプライドの高さからフンッと鼻でわらったり、口がピクピクひきつったり…

そんなシーンが本当に多いんですが、その中でも特に話題になった名場面があり、怒りや悔しさの中にも悲しみや絶望感、切実さが共存…

ただ憎たらしい悪役というより、どうしてそうなってしまったか、彼女の気持ちも理解できるようになるんです。

もともと演技に定評のあったキム・ソヨンですが、この『ペントハウス』で当時ドラマ俳優ブランド評判1位となっており、それだけ多くの注目を集めているのがわかりますね。

スピード感ある展開、次々と起こる山場

『ペントハウス』スチールカット
出典:펜트하우스:비하인드 포토

よくもまあ、こんなに次々と事件を考えられるなあと感心してしまうほど、どんどん展開していくので、飽きることがありません。

最初は高校時代にライバルだった2人が再会して、この復讐が中心になるのかと思いきや、いろんな伏線が絡み合って、もっと太く深くなっていきます

しかも、このドラマはシーズン制。

つまり『ペントハウス』の続編を制作中なんです。

シーズン2、シーズン3を各12話ずつ編成予定だとのこと。
(追記:実際にはそれぞれ13話、14話となりました)

まだまだどうなるか最後までわかりませんね。

予想もできない結末と犯人

1話冒頭で起った事件の犯人は本当にびっくりしました。

信じられなくて、この後にまたどんでん返しがあるはずだと思って待っていたほど。

『ペントハウス』スチールカット
出典:펜트하우스:비하인드 포토

実は演じた俳優たちも犯人が誰なのか知らなかっただけでなく、台本を見ながら「えっー、次こうなるの?」と驚きの連続だったそう。

しかも。

最後にまさかあの人が死んじゃうなんて!!!

普通のドラマだったら死なないよ~

最後の最後にまた大きな事件が起こるんですが、その決着はシーズン2へ。

パンダ夫人

韓国ドラマの1話は長いので、日本では1話を2つにわけてるよ(実際には1話の前半)

最後に:『ペントハウス2、3』も高視聴率をキープ

ふう~、とにかく体力がいるドラマでした。

あれだけの演技をする俳優たちも大変ですが、見てるこっちも本当にエネルギーが必要です。(実際に夜更かしもしたし…)

もう『ペントハウス2』も放送開始しているんですが、シーズン2ではキム・ソヨンの実際の旦那さんであるイ・サンウが特別出演するそう。

死んじゃったあの人はどうなるのか、人物関係図もけっこう変わるなんて言われているので、早く続きを見たくてたまりません。

【追記】シーズン2、3も、それぞれ最高視聴率29.2%、19.5%、シーズン3でやや下がったものの、一般的なドラマよりもはるかにいい数字でした。(ちなみに韓国で『梨泰院クラス』の最高視聴率は16.5%)

パンダ夫人

ギャーギャーうるさいの好きじゃないといいつつ、すっかりハマっちゃった…

よかったらシェアしてね!
目次