『梟 -フクロウ-』感想:あの衝撃はまるでホラー!五感でゾクゾクする傑作映画

『梟 -フクロウ-』スチールカット
出典:영화 올빼미 포토

ハッとする反転シーンに心奪われて、目も心も釘付け、久々の高揚感…

なんでこんなおもしろい作品に気がつかなかったんだ!と遅れて見たことを悔やむほど。

韓国で公開された時はそこまで話題にならなかったんですが、ふたを開けてみたら主要な韓国の映画賞で受賞ラッシュだったこの作品、

本当におもしろかったので、ぜひみんなに見てほしい~!

ってことで、『梟 -フクロウ-』を見た感想と背景の解説をネタバレなしでお伝えします。

主な受賞歴
  • 第44回 青龍映画賞(新人監督賞、撮影照明賞、編集賞)
  • 第59回 大鐘賞映画祭(新人監督賞、脚本賞、編集賞)
  • 第59回 百想芸術大賞(映画作品賞、映画新人監督賞、映画男優最優秀演技賞)
この記事を書いた人

韓国在住10年。ほぼ毎日韓国ドラマ、映画三昧です。特に作品性が高く、メタファーや伏線、隠れネタがあるものが大好物。映画をテーマに卒論執筆、映画・ドラマのエキストラ経験あり。

プロフィール

パンダ夫人
目次

『梟 -フクロウ-』あらすじと作品情報

『梟 -フクロウ-』poster
出典:영화 올빼미 포토
公開 / 時間 / 年齢制限2022 / 118分 / G
原題올빼미(フクロウ)
監督アン・テジン
出演リュ・ジュンヨル、ユ・ヘジン、チェ・ムソン、チョ・ソンハ、パク・ミョンフン、キム・ソンチョル、アン・ウンジン、チョ・ユンソ
あらすじ盲目でありながら優れた鍼灸の腕を持つギョンス(リュ・ジュンヨル)は、その才能を認められ宮廷で働くことに。

その頃、清に人質として連れていかれたソヒョン世子(キム・ソンチョル)が8年ぶりに帰国、王の仁祖(ユ・ヘジン)は息子が帰ってきた喜びも束の間、正体不明の不安に襲われる。

そんなある夜、ギョンスは世子の死を”目撃”することになる―

『梟 -フクロウ-』感想:ネタバレなし

よかったらシェアしてね!
目次