韓国映画

『新感染半島 ファイナル・ステージ』ネタバレなし感想:続編と思うべからず…終末世界でカーチェイス

韓国を代表するゾンビ映画といえば、『新感染 ファイナル・エクスプレス』といっていいでしょう。

その4年後を描いた映画『新感染半島 ファイナル・ステージ』が韓国で公開されたので見てきました!

『半島』poster

出典:NAVER영화:반도

監督も同じヨン・サンホ監督、しかも主演はカン・ドンウォンとくれば期待するしかありませんよね。

すでに世界中から注目されていて、カンヌ映画祭に公式招待されただけでなく、すでに海外185ヵ国へ先行販売されたそうです。

では、この夏一番の注目作になった『新感染半島 ファイナル・ステージ』の正直な感想をネタバレなしでお伝えします

パンダ夫人
パンダ夫人
公開翌日に見に行ってきたよ~

【追記】日本公開:2021年1月1日(金)予定

原題の『半島』は朝鮮半島の半島より

『新感染半島 ファイナル・ステージ』のあらすじと作品情報

『半島』poster

出典:NAVER영화:반도

公開 / 時間 / 年齢制限2020 / 116分 / R15
原題반도(半島)
監督ヨン・サンホ
出演カン・ドンウォン、イ・ジョンヒョン、イ・レ、クォン・ヘヒョ
あらすじ

ゾンビウイルスが韓国国内に広がり、国全体を荒廃させてしまってから4年後。

最後の船に乗って脱出した元軍人のジョンシク(カン・ドンウォン)は香港にいた。

ある日、香港の暴力組織のボスから韓国へ戻り、大金のドル札が積まれているトラックを持ってくるように提案を受ける。巨額の報酬に危険な取引に応えるジョンシク。

こうして外の世界から完全に孤立したあのゾンビの”半島”に再び入ることになった…


『新感染半島 ファイナル・ステージ』を見た正直な感想

う~ん…

正直、『新感染 ファイナル・エクスプレス』を期待して見るとがっかりします…。

『新感染』の4年後の話、しかも同じ制作陣ということで、期待しすぎたせいでしょうか…

これはゾンビ映画というよりアクション映画です。

監督も今回は続編というよりも、『新感染』の4年後の世界を描いた”新しい物語”だと話しているので、別物だと思ったほうがいいです。

『新感染』では、ゾンビを相手に戦いましたが、この『新感染半島』では人間同士の戦いがメインで、ゾンビは背景、いや道具と化してしまっています

設定が現実とかけ離れているせいか、ゾンビに見慣れたせいか、意外とゾンビが怖くないんです。

この『新感染半島』を見ると、前作の設定がどれだけ秀逸で、日常の中に突然ゾンビが現れる恐怖、釜山行きの電車の中という密室という設定がどれだけうまかったか、また見たくなりました。

映画のチラシに書かれた監督の言葉は、

理性が支配する社会に住んでいる現代人に、理性が崩壊し野蛮性が支配する世界で生きること、それに対比されるヒューマニズムについて話をしたかった

この『新感染半島』でもヒューマニティ、”愛”を感じられる場面がいくつかあります。

感動的で涙がでそう…と思ったものの出ませんでした…。

パンダ夫人
パンダ夫人
あっさり言ってしまった

私よく泣けるほうなんですが、感動しそうでできない。

何か消化不良な原因は、感動する場面を「さあ、ここで感動して!」って強制されているような演出で、ちょっとひっぱりすぎ。

ここぞとばかりに感動音楽も入って、泣きそうだったのがパタッと涙が止まってしまいました。

映画好きとしては苦労して作った制作陣や俳優さんの魅力を最大限伝えたいんですが、おもしろい映画やドラマばかり見すぎたせいなんでしょうか…。

こんな感想を書いてると、自分がすれてしまったようで複雑…

パンダ夫人
パンダ夫人
いいこと書きたいんだけど

よかったのはカン・ドンウォンがかっこよく、とても美しかったこと!

アクションもさることながら、アンニュイな横顔がまるで彫刻のように美しい!!!

彼のファンにとってはたまらない映画。

こんな人におすすめ!

カン・ドンウォンのアクション、表情を見ていたい人

荒廃した”終末もの”、アンダーグラウンドな世界観が好きな人

アクション、カーチェイスが好きな人

韓国での評価

観客数:381万人(コロナ対策で観客席を離している影響あり)

評価(10点満点):7.2点で話題性の割にはやや辛口

評価、口コミ出典:NAVER영화:반도

好評
  • とてもおもしろかった。あっという間の時間だった
  • 俳優の演技がとてもよかった
  • 『新感染2』じゃなくて、一般的なゾンビ映画としてみれば良かった
  • カン・ドンウォンの顔しか見えなかった
  • 悪役が光っていた
不評
  • 本当につまらない。他の言葉は必要なし
  • 下級のB級映画だ
  • 映像美はいいんだけど、ストーリーに興味がもてない
  • 感動の押し付け
  • 時間がもったいない。『新感染』は本当に名作だった

鑑賞ポイント

『新感染半島 ファイナル・ステージ』で楽しめる鑑賞ポイントをお伝えします。

カン・ドンウォンのアンニュイな横顔

『半島』スチールカット

出典:NAVER영화:반도

誰が見ても見とれてしまう美しさ。

元軍人という役柄からアクションのかっこよさも光りますが、美しいと言わざるを得ないその表情は見る価値あり。

パンダ夫人
パンダ夫人
笑顔も見たかったな~

ゾンビと共存する世界

『半島』スチールカット

出典:NAVER영화:반도

ゾンビの習性を生かして武器のように利用したり、格闘技の娯楽にもなるなんて!

想像もしていなかったゾンビと共存する世界が見られます。

荒廃した終末の世界観

『半島』poster

出典:NAVER영화:반도

見慣れたソウルの街がすっかり荒廃してしまった様子や、人間性を失ってしまった人たちのアジトなど、アンダーグラウンドな終末感がよく作りこまれています。


最後に:『新感染半島』は『新感染』とは別の物語

私はかなり期待して見に行ったため、辛口な感想になりましたが、

最初から『新感染 ファイナル・エクスプレス』とはまた別の”新しい物語”として見れば、また見方がかわるかもしれません。

映画はやっぱり人それぞれ感じ方も違うので、気になる人はぜひ自分の目で確かめてくださいね。

パンダ夫人
パンダ夫人
また前作の『新感染』が見たくなっちゃった~

『王宮の夜鬼』poster
『王宮の夜鬼』ネタバレなし感想:ゾンビと戦う不死身のヒョンビンかっこよすぎ!ヒョンビン×チャン・ドンゴン、しかも最近流行りのゾンビ物!舞台は朝鮮時代。日本公開前に見た、正直な感想と韓国での評価をお伝えしますね。あらすじと作品情報もぜひ。...
こちらの記事もおすすめ!