韓国映画

映画『SEOBOK/ソボク』感想:クローン人間の憂鬱…いや超能力人間じゃん!ネタバレなし

コン・ユ&パク・ボゴムの共演で注目されていた『SEOBOK/ソボク』は、当初2020年12月公開予定でしたが、コロナ禍の影響で延期、ようやく公開されました。

もうすでに日本を含む世界56ヵ国に先行販売されるほど期待されている作品。

『徐福』スチールカット

出典:NAVER영화:서복

正直なところ、個人的にはこのストーリー自体にはなぜかあまりそそられないんですが…、

それでもコン・ユとパク・ボゴムというビックな2人を見ないわけにはいきませぬ!

ということで、さっそく韓国の公開日当日に見てきた『SEOBOK/ソボク』の正直な感想、見どころをネタバレなしでお伝えします!

日本公開日:2021年7月16日(金)

パンダ夫人
パンダ夫人
コン・ユ&パク・ボゴムの感性ブロマンスだって~

ソボクは韓国語で「徐福」の意味で、不老不死の薬を求めた伝説の人物。中国、韓国、日本にも伝説が残っている。

映画ではこの人物名から、永遠の命をもつクローン人間の名前を付けた。


『SEOBOK/ソボク』のあらすじと作品情報

『徐福』poster

出典:NAVER영화:서복

公開 / 時間 / 年齢制限 2021 / 114分 / R15
原題 서복(徐福)
監督 イ・ヨンジュ
出演 コン・ユ、パク・ボゴム、チョ・ウジン、チャン・ヨンナム
あらすじ

昔、ある事件がトラウマとなり、外部と断絶した生活をしている元エージェントのギホン(コン・ユ)は、情報局から断ることができない生涯最後の任務を受ける。

それが極秘プロジェクトで誕生した人類初のクローン人間、ソボク(パク・ボゴム)を安全に移動させることだった。

しかし、任務実行と共に予期せぬ攻撃を受け、ソボクを手に入れようとする者たちの追跡が激しくなっていく…

パンダ夫人
パンダ夫人
じゃあ、さっそく感想だよ!


『SEOBOK/ソボク』を見た正直な感想

さすがコン・ユ&パク・ボゴムの演技はよかったものの、ストーリーがいまいちでもったいない

クローン人間という題材は韓国映画では初めてですが、手に入れようとするものがクローン人間というだけで、争う図は今までによくある感じ。

しかもアメリカ人やその部隊の人数でなんだかスペクタクルな感じはするものの、結局内輪もめみたいで意外と狭い世界の話だった感が否めない…。

そんな中、コン・ユとパク・ボゴムの”感性ブロマンス”とうたわれているとおり、この2人がほんのわずかな期間ではあるものの、信頼し心を開く過程、その行く末にホロっと涙しました…

『徐福』スチールカット

出典:NAVER영화:서복

イ・ヨンジュ監督曰く「クローン人間と特別な同行することで、自分自身の”生”を振り返り、”死”の恐怖を克服する一人の人間の変化と成長を描きたかった」

この辺ははまさに死にかけのコン・ユがうまく演じ切っていて、それ以上に永遠に生きる自分の運命について考えているパク・ボゴムが悩み、恐れ、腹を決めて出した結論、こっちの方がメインのように光ってました。

クローン人間であるが故の憂鬱…

演技は申し分ないんですが、近未来でもファンタジーでもなく唐突に登場したクローン人間にやや現実味がなく、しかも不思議な力を持ち、まるでモーセのように海を割る勢い。

これはクローン人間というより超能力者じゃないか~!

クローン人間ならもっとクローン人間ならではのテーマにもっと集中してほしかった…

なんだか超能力で全く別の映画みたいになっちゃって残念でした。

韓国での評価

観客数:35万人(公開して2週間後)

評価(10点満点):観客 8.38点、記者・評論家 5.13点、ネチズン 6.40点

実際に劇場に足を運んだ観客はファンも多いので点数高めですが、ネチズン(ネットユーザー)や記者・評論家は低めです。

評価、口コミ出典:NAVER영화:서복

好評
  • 生とは何か、死とは何か、映画を見終わった後もずっと考えさせられる余韻ある映画
  • 考えれば考えるほど、考えさせられることが多い…ソボクのセリフがとても胸が痛い
  • コン・ユとパク・ボゴムが同行した道の終わりに向き合った結末がとても胸が痛く、悲しい
  • 2人の俳優の雰囲気と演技の相性がとてもよく、映像美とメッセージもよく、たくさん考えさせられた
  • 俳優たちの演技が際立っていた余韻残る映画
不評
  • 率直に言っておもしろくない。コン・ユとパク・ボゴムを見るために作った映画
  • 感情に共感するのは難しい映画
  • 俳優たちの演技はいいんだけど、監督が引っ張っていくストーリーが退屈でちょっと眠かった
  • 何の感動もない、最初から最後まで退屈だった驚くべき映画
  • 生と死の話をしようとしているのはわかるけど、ストーリーを引っ張っていく力がなく、後半にいくほど恥ずかしくなった
パンダ夫人
パンダ夫人
もっと生と死について突っ込んでほしかったなあ

鑑賞ポイント

『SEOBOK/ソボク』で楽しめる鑑賞ポイント、それはまさにこれ!ネタバレはありません

コン・ユとパク・ボゴム

『徐福』スチールカット

出典:NAVER영화:서복

体調も悪く、やさぐれた元エージェントであるミン・ギホンのコン・ユと、

研究所から一歩も出たこともなく、外部は全てがはじめてなクローン人間、ソボクのパク・ボゴム。

特にパク・ボゴムのピュアさとアンドロイドのような無機質な感じがぴったり!!

『徐福』スチールカット

出典:NAVER영화:서복

この2人が少しずつ心を開いていく様子やそれぞれの悩みと葛藤する演技がよく、これもソボクのクローン人間ならではのことがとても切ないんです。

ストーリーはいまいちでしたが、変に派手なアクションを取り入れるよりは演技中心にもっと哲学的な方向にふってしまったほうがよかったんじゃないかー

ともかく、コン・ユとパク・ボゴムの演技、ブロマンスが一番の映画です。


最後に:兵役中のパク・ボゴムが『SEOBOK/ソボク』で見られる?

『SEOBOK/ソボク』のニュースでこんな記事があり、ファンの人たちはかなり期待しているんじゃないでしょうか。

박보검은 이번 영화에서 관객을 놀라게 할 만한 외모 변화도 시도할 예정이다. 복제인간이란 설정에 맞춰 관객에 한 번도 보인적 없는 새로운 비주얼로 다가선다는 계획이다.

(パク・ボゴムは今度の映画で観客を驚かせるほどのルックスの変化にも挑戦する予定だ。クローン人間という設定に合わせて、観客に一度も見せたことがない新しいビジュアルでやってくる計画だ。)

出典:‘장고’ 끝낸 공유·박보검의 복귀

新しいビジュアルって、もしかしてあの丸刈りだったのかな…?

映画を見ながら、兵役中だから今こんな感じなのかな~なんてふと思ったりしました。

丸刈りでもとても美しかったですよ!

パンダ夫人
パンダ夫人
カッコいいというより美しいって感じだったよ

どの動画配信がいい?

\結論から言うと/

韓国ドラマ好きが満足できる動画配信サービスはこの2社!~見放題でドラマ漬け~

毎日韓国ドラマを見ている私が出した結論です!

>>韓国ドラマ好きが満足する動画配信サービスをチェック!


こちらもおすすめ!
error: Content is protected !!