『別れる決心』感想:露出のないエロス、愛してると言わずに愛を表現する大人の映画

『別れる決心』スチールカット
出典:NAVER영화:헤어질 결심

2022年カンヌ映画祭の監督賞受賞で、一気に脚光を浴びた作品。

アカデミー賞では最終ノミネートに残らなかったものの、韓国で最も権威のある映画賞で7冠をとるなど、最近では最も注目された韓国映画です。

しかも、パク・チャヌク監督の今までのイメージとは違う、また新しい恋愛サスペンス

ではどんな作品なのか、ネタバレなしで感想、見どころ、韓国での評価をお伝えします!

主な受賞歴
  • カンヌ映画祭(監督賞)
  • 青龍映画賞(最優秀作品賞、監督賞、主演女優賞、主演男優賞、脚本賞、音楽賞、人気スター賞)
  • 大鐘賞映画祭(作品賞、主演男優賞、脚本賞)
  • 百想芸術大賞(映画部門 大賞、女性最優秀演技賞、監督賞)
この記事を書いた人

韓国在住10年。ほぼ毎日韓国ドラマ、映画三昧です。特に作品性が高く、メタファーや伏線、隠れネタがあるものが大好物。映画をテーマに卒論執筆、映画・ドラマのエキストラ経験あり。

プロフィール

パンダ夫人
目次

『別れる決心』あらすじと作品情報

別れる決心_poster
出典:NAVER영화:헤어질 결심
公開 / 時間 / 年齢制限2022 / 138分 / G
原題헤어질 결심(別れる決心)
監督パク・チャヌク
出演パク・ヘイル、タン・ウェイ、イ・ジョンヒョン、コ・ギョンピョ、パク・ヨンウ
あらすじ山の頂上で墜落した男の変死事件。

担当刑事のヘジュン(パク・ヘイル)は、被害者の妻ソレ(タン・ウェイ)と出会う。

夫が死んでも特に動揺する様子もないソレに、ヘジュンは尋問や張り込み捜査をしながら、彼女への関心がどんどん大きくなっていくが…

『別れる決心』感想:ネタバレなし

パク・チャヌク監督といえば、『オールド・ボーイ』『お嬢さん』など過激で衝撃的なイメージですよね。

そこへ『ラスト、コーション』でセンセーショナルなデビューをしたタン・ウェイが主演となれば、これはものすごい刺激的な映画なんじゃないかと思う人も多いはず。

が、今までの監督作品のような刺激や露出はありません。

逆に、露出がなくても存在するエロス、奇抜なアングルと雰囲気が醸しだす独特な作風がおもしろい!

『別れる決心』スチールカット
出典:NAVER영화:헤어질 결심

特によかったのが、刑事を演じたパク・ヘイル。

彼の作品はいくつか見ていますが、なんだか今までの演技と違う。

ちょっと奇妙というか…

もちろん役のためですが、なんかぼーっとして心あらず、かと思うと急に取りつかれたように目を見開く―

不眠症に悩みつつ、事件も未解決、霧が立ち込める場所に、主題歌も『霧』、ぼわーっと青白く、クラゲがゆ~らゆら。

特に映画序盤はまるで彼のモノローグのようで、事件を追うつもりが美しい容疑者の魅力にひかれてのまれていく、その心理描写が幻覚のようでもあり、演出が秀逸

なので、「刑事と容疑者」、「サスペンス」といった言葉から想起する雰囲気とは全く違う毛色の作品であり、パク・チャヌク監督だからと過去作品のような期待をしていると肩透かしをくらうことになります。

『別れる決心』スチールカット
出典:NAVER영화:헤어질 결심

男女の間で、口にしなくても2人だけが感じとれる空気の変化ってありますよね?

それを楽しむのがこの映画。

息づかい。視線。匂い。まとった空気。

そういった意味では、とても大人な映画です。

監督曰く、

「周りの人に『(今作は)大人の話だ』と言うと、『ということは露出も多くて、強い映画なんだね』という反応があった。その時に気づいた。逆を行かなければならないと。大人の話であるだけに、強烈に吹き荒れるものより、密かに隠された感情に集中する映画を作るために、刺激的な要素を少なくしなければならないと思った結果だ」と伝え、公開を待ちわびる人々の好奇心を刺激した。

出典:映画「別れる決心」メディア試写会インタビュー

実はところどころに性的なものを感じさせるものもあって、派手な露出がなくても、いや、ないからこそエロティックなのかも。

見どころ解説

愛してると言わずに愛してると言えるのか?

監督と共同で脚本を書いているチョン・ソギョンさん曰く、「愛の告白ほど大変で嫌なものはない、”愛してる”という言葉を使ってしまえばそれで終わってしまうから」と。

それでこの映画は、「愛してる」という言葉を使わないロマンスにしようと。

どんなことを言えば「愛してる」と言わずに愛してると言えるのか?

この映画は「愛してる」と言わずに、深い愛を表現した映画なのです。

『別れる決心』スチールカット
出典:NAVER영화:헤어질 결심

また、パク・チャヌク監督はインタビューで、自分が恋愛映画を見る時は退屈になるので、緊張感がなくならないように愛の関係に疑いが介入すれば、もっとドラマチックになるんじゃないかと考えたそう。

そんな2人がシナリオを書いた本作は、どんな恋愛映画になるでしょう?

ぜひ、どうやって愛を表現しているのか見てみてください。

パンダ夫人

刑事と容疑者だったら疑わざるをえないよね

ちょっと変わった刑事像

パク・チャヌク監督は脚本を書く前から、パク・ヘイルのような刑事をイメージしていたそう。

『別れる決心』スチールカット
出典:NAVER영화:헤어질 결심

ちなみにパク・ヘイル自身は意外と一度も刑事役をしたことがなく、どんな俳優でも一度はするような典型的な刑事像ではないことが気に入ったんだとか。

監督はスウェーデンの推理小説『マルティン・ベックシリーズ』の刑事から発想を得たそうですよ。

全く仕事に理解を示そうとしない奥さんにブチブチ言われながらも、寝食を忘れるほど事件にのめり込む。非常に人間臭いヒーローは数多の名探偵名刑事とは一味も二味も違う。超人では無いのですね。一応名刑事で通ってはいるようだが、それは粘り強いことと同義のように思える。

出典:マルティン・ベック=シリーズ雑感
パンダ夫人

ヘジュンの机の上にもマルティン・ベックシリーズが積んであるよ

クスッと笑えるユーモア

パク・チャヌク監督と言えば、どうしても刺激的なイメージがあるせいか、笑いとは無縁のようですが、実はクスッという笑いがちょこちょこあります。

(でも、あくまでクスッ。笑いそびれる可能性も…)

あのオヤジギャグみたいなの監督が考えたのかな?…なんて別の意味でちょっとおもしろかったりします。(実際にそうらしい笑)

パンダ夫人

演出にもいろんな遊びがあるよ!

韓国での評価

観客数:189万人

評価(10点満点):観客 8.96点、記者・評論家 8.71点、ネチズン 8.64点

総じてけっこういい評価です。

好評
  • この映画は4時前後から見るのが良い。 エンディングクレジットが上がって外に出て暗くなった空を見ると、波のように押し寄せる余韻と共に映画が続いている感じを受けることができるから
  • ストーリー面で特に新しい感じはありませんでした。 でも、そのストーリーを解き放つ過程でパク・チャヌク監督ならではの演出が際立っており、他の作品では容易に見ることができない構図において優れていると思いました
  • 今見てきましたが、とても良かったです。人が人を愛しているなら可能な話です。パク・ヘイルもタン・ウェイも美しかったです..しばらく抜けだせそうにありません
  • パク・チャヌク監督はただの変態だと思っていたけど、人の心をひどく引き裂いた
  • OTT時代に映画だけが見せられる品格に会った
不評
  • バカだから、理解できませんでしたㅠㅠ
  • 率直に言うと、とても難解だった。 この映画を理解できる日が来たら…(+国内映画にも字幕つけてほしい!)
  • パク・チャヌク監督の映画は、とにかく見たら精神的に暗くなります!まるで映画がもっと高級なキム・ギドク監督のスタイルと言えばいいのかな……狂的な執着した愛の方式が納得できなくて共感が難しいです!
  • 身体的感情的に被虐された女性イメージ、性的対象化するのもとても嫌で気分が悪い
  • たいしたことないのに、あるふりだけをする映画。 そんな映画を見てわかるふりだけをする観客。 そんな映画やこんな観客はもういなくなれ
評価、口コミ出典:NAVER영화:헤어질 결심
パンダ夫人

映画やセリフが詩的だったせいか、コメントも詩的な表現が多かったよ

最後に:『別れる決心』の深い魅力

脚本を書いたチョン・ソギョンさんが映画を見て、「この脚本を自分が書いたのか?」と本人が驚くほど、感情が入った演技と雄大な景色で映画らしい品格がある作品になっています。

さらに『別れる決心』には、緻密に計算された対比や暗示があって、知れば知るほどおもしろくなるんです!

本作を鑑賞したら、こちらもチェック!
>>『別れる決心』ネタバレ考察:知るほど深い!山と海の対比と暗示、セリフの魅力

パンダ夫人

わかるともっとおもしろいよ!

よかったらシェアしてね!
目次