韓国映画『お嬢さん』感想:刺激的すぎるけど、このおもしろさは見ないと損!

『お嬢さん』スチールカット
出典:아가씨

まずこの映画をすすめる前に言っておかなければなりません。

すごい刺激的..というか普通のエロティックではなく、型破りな感じです…

『オールド・ボーイ』で世界に衝撃を与えたパク・チャヌク監督の作品だといったら伝わるでしょうか。

それでは、『お嬢さん』の感想をネタバレなしでお伝えします!

この記事を書いた人

韓国在住10年。ほぼ毎日韓国ドラマ、映画三昧です。特に作品性が高く、メタファーや伏線、隠れネタがあるものが大好物。映画をテーマに卒論執筆、映画・ドラマのエキストラ経験あり。

プロフィール

パンダ夫人
目次

『お嬢さん』あらすじと作品情報

『お嬢さん』ポスター
出典:아가씨
公開 / 時間 / 年齢制限2016 / 144分 / R18+
監督パク・チャヌク
原作サラ・ウォーターズ『荊の城』
原題아가씨(お嬢さん)
出演キム・ミニ、キム・テリ、ハ・ジョンウ
簡単なあらすじ子供の頃、両親を失って莫大な財産を持っている秀子お嬢様(キム・ミニ)。

彼女のところへ新しいメイドがやってくるが、メイドの正体は、有名な女泥棒の娘でスリの少女スッキ(キム・テリ)。莫大な財産を手に入れるため、秀子を誘惑してお金を奪おうとする詐欺師である伯爵(ハ・ジョンウ)の策略だった。

伯爵とスッキは独自の方法で秀子の心を揺さぶろうとするが…

お金と心を奪うために互いにだまされて欺き合うその結末は―

『お嬢さん』感想:ネタバレなし

この映画はただのエロティックな映画ではありません。

二転三転するストーリー展開が本当におもしろい!

『このミステリーがすごい!2005年版』の海外部門で第1位になったサラ・ウォーターズの『荊の城』が原作なので、そのおもしろさは保証付き。

しかも、舞台を19世紀のイギリスから日本統治時代の朝鮮へ置き換え、パク・チャヌク監督の世界観が炸裂しています。

『お嬢さん』スチール写真
出典:아가씨

特筆すべきは舞台美術。

和洋とりまぜた美術が豪華絢爛ですばらしく、日本的な様式美も斬新だし、日本独特なエロスもあって、監督の造詣の深さに感心してしまうほど。

パンダ夫人

日本語もたくさん使われてるよ!けっこう上手い!

また、エロティックな場面でも構図的によく考えられているので、汚らしくならず、芸術として昇華してしまっています。

当初サラ・ウォーターズは原作の表記を断っていたようですが、映画を見て気が変わり、5回も見るほど気に入ったそう。

秀子お嬢様を演じたキム・ミニは第37回青龍映画賞で主演女優賞をとるなど、この年多くの賞を受賞。

今や『ミスター・サンシャイン』『二十五、二十一』で有名なキム・テリはこの作品が長編映画のデビュー作というから驚きです。(彼女も受賞多数)

パンダ夫人

大物新人だよね…

ハ・ジョンウはもう言うまでもなく、実力も人気もあるモテモテ俳優。

正直、ちょっと目をそらしてしまう場面もありますが、そんな状況でも笑わせてくれるのがハ・ジョンウの魅力でもあります。

おもしろさ
二転、三転するストーリー展開、その見せ方に感服
露出度+++
いろんな種類のエロやシーンが多いです
見どころ・二転、三転するストーリー展開
・豪華絢爛で和洋折衷な舞台美術、日本的様式美、日本的エロス
・女優、俳優の演技力、体当たりの演技

※あくまで私の評価です。(普通が星3つ基準)

こんな時におすすめ!

おもしろくて刺激的、しかもかなりエロスな映画を見たい時

映画だけじゃなく小説で2倍楽しめる!

原作と映画は舞台も結末も違うので、読んで比べてみると2倍おもしろいです!

原作は19世紀のヴィクトリア朝のロンドンが舞台。

舞台設定が違うのでまた別の話として楽しめます。

『このミス 2005』海外部門第1位。

パンダ夫人

小説の方も没頭しちゃうよ

最後に:これから『お嬢さん』を見る方へ

この映画はかなり露出が多く、エロティックな内容で話題になったのですが、

例えそれが映画を見るきっかけになったとしても、それ以上におもしろいストーリー展開できっと満足できるはずです!

パンダ夫人

かなり刺激的だけど、おもしろいよ~

よかったらシェアしてね!
目次